レビトラを服用した際にアルコールを飲んでも大丈夫ですか?

レビトラ飲酒

ED治療薬というものは、薬の要領で手軽に摂取することができますが、食事や飲み物など体内に取り込むものの影響を受けやすいという側面もあります。「下半身に効くだけなのだから、何を食べようと問題ない」とも考えがちですが、風邪薬などと同じく用法を守って服用することで、適切な効果を得ることができるのです。

レビトラは食前の空腹時に飲む薬ですが、食事中に飲んでも大きく影響を与えることはなく、普通に効くという口コミもみられます。食事の影響が出にくいタイプの薬とも言われており、軽食や軽めの食事であれば、レビトラの持つ効きめを阻害する心配はないということです。ただし、満腹状態やドカ食いの後、油ものを食べた後などは消化が遅れるため、体への吸収効率が低下するおそれがあります。

レビトラとアルコールの関係

レビトラは、食べ物と同じくアルコールの摂取時にも服用可能な薬です。アルコールには体の血流を良くしてくれる効果があるため、お酒の1口や2口程度ならレビトラを服用しながらでも問題はありません。

とにかくセーブしながら飲むことが大切で、適度に血流の良くなった体であれば性交時にも特に問題はないでしょう。逆に飲み過ぎて意識を失ったり、そのまま眠ってしまうような場合は、薬を飲んでも効果が現れませんんで注意が必要です。

また、飲酒をすると体質によっては副作用が増大する可能性もあります。適度な飲酒量であれば気分も良く、心地良い状態を保つことができますが、深酒の後には頭痛などの副作用が強く出る人もいるようです。

現在では、アルコールにも耐えられるような薬の開発が進んでいます。今までのED治療薬には、食事をした後に薬を飲むと効き目が発揮されなくなるというデメリットがありました。しかし近年研究と改良が重ねられ、レビトラのように食事中や食後でも比較的効果の出る薬が市販されるようになりました。

現在私たちが通販サイトやクリニックで目にしているED治療薬は、試行錯誤と研究によって開発された新しいタイプの薬です。昔ながらの、効きめの弱い薬ではなく、食事からの影響を受けにくい機能を持っています。新しい薬のおかげで、デート中や飲み会の最中にも気軽にレビトラを服用できるようになったのです。

レビトラと相性の悪いもの

もちろん、アルコールが体質に合わない方は飲酒とレビトラの併用によって具合が悪くなったり、吐き気や頭痛などの副作用が強く出る可能性があります。血行を促進するからといって、お酒でレビトラを飲むのは避けましょう。レビトラは心臓や肝臓などの臓器に疾患を抱えている方には不向きな薬ですから、疾患をお持ちの方が服用する場合はさらに注意しなければなりません。

レビトラには併用が禁止されている果物があります。血中濃度を上げるおそれのあるグレープフルーツや、グレープフルーツジュースなどです。果汁が少しでも含まれているもの、たとえばグレープフルーツを使ったチューハイやカクテルなども避けるようにしましょう。

 

 レビトラ ジェネリックのおすすめはこちら

ED治療薬ジェネリックのおすすめを厳選&レビュー!

【バイアグラ ジェネリック】カマグラの詳細
【レビトラ ジェネリック】バリフの詳細
【シアリス ジェネリック】タダシップの詳細

ED治療サプリをお探しの方はこちら

性器増大サプリおすすめレビュー!

メガマックスの詳細
VP-MAXの詳細
アンドロペニスの詳細

性器増大サプリをお探しの方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です