レビトラの服用間隔はどのくらい?血中右脳度が高くなると危険!?

レビトラ危険

レビトラはバルデナフィルという物質で構成されている、ED専門の治療薬です。現在、日本で処方されているレビトラにはこのバルデナフィルの含有量が5mg・10mg・20mgの3種類が存在し、症状や効果の出方の違いに合わせて含有量を変更しながら服用します。

含有量が異なるのは、服用する人の体調や状態に合わせているためです。最初から5mgの薬で効く人もいますが、10mgではまったく効かず、後から20mgに変えてもらう人もいて、効果の出方は人それぞれです。

レビトラの服用方法

レビトラを摂取する際には、正しく用法・用量を守らなければなりません。基本的に成人の男性は1日1回、10mgのレビトラを性行為の約1時間前に服用します。もしも10mgで効果が感じられなかった場合は20mgに変える必要がありますが、十分効果が出ないからといって勝手に摂取量を変更するのはやめましょう。

65歳以上の高齢の方や、肝機能障害・腎障害・心臓疾患のある方は医師の診断にしたがって、5mgから開始する必要があります。最高用量も10mgまでと決められる場合がありますので、何らかの疾患をお持ちの方は事前に医師に確認をするようにしましょう。

レビトラの服用間隔は丸24時間以上間隔を空けなければなりません。毎日でも服用はできますが、疾患をお持ちの方なら2〜3日に1錠程度の服用が望ましいとされています。摂取の際は用法・用量をきちんと守って飲むようにします。

念のため、病院でレビトラを処方してもらうこともできます。その際は事前に健康診断を受けるか、健康上の問題について医師とよく話し合ったうえで処方をしてもらうと良いでしょう。たとえば心臓や血圧の薬を服用中だったり、過去に服用していた経歴がある場合は必ず医師に伝えるようにします。

心臓病や脳卒中などを患っていて、性行為自体が健康に影響を及ぼすとされる場合はレビトラの処方ができません。血圧に関わる病気をお持ちの場合も、薬や健康上の理由でレビトラが悪影響を及ぼすことがあるため、薬の処方がされないことがあります。

レビトラの副作用を起こす薬

あまり知られていないポイントですが、レビトラには併用禁忌薬と呼ばれる薬がたくさん存在します。レビトラと一緒に内服すると、副作用や健康上に深刻な問題を引き起こす可能性のある薬です。たとえば内服タイプの抗真菌薬(水虫などの感染症に対する治療薬)や、狭心症・心不全の薬である硝酸薬などは、併用するとレビトラの血中濃度が上昇することがあります。

レビトラの血中濃度が上昇すると、頭痛や動悸などといったレビトラの副作用が強く現れる可能性があります。顔のむくみや低血圧など軽めの症状から、呼吸困難・発疹・心悸亢進・胃炎・下痢など重い症状へと移行する場合もあります。もしも常用している薬がある場合や、何らかの病気が指摘されている場合は医師によく相談のうえで、レビトラを処方してもらうかどうか決めると良いでしょう。

 

 レビトラ ジェネリックのおすすめはこちら

ED治療薬ジェネリックのおすすめを厳選&レビュー!

【バイアグラ ジェネリック】カマグラの詳細
【レビトラ ジェネリック】バリフの詳細
【シアリス ジェネリック】タダシップの詳細

ED治療サプリをお探しの方はこちら

性器増大サプリおすすめレビュー!

メガマックスの詳細
VP-MAXの詳細
アンドロペニスの詳細

性器増大サプリをお探しの方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です