レビトラには5mg、10mg、20mgがあるけどどうやって使い分けるの?

Levitra

レビトラを試そうと考えている人の中には、10mgと20mgの製品の何が違うの?と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。レビトラには5mg、10mg、20mgと3種類あり、それぞれ効果の強さが異なります。

バルデナフィルと呼ばれる有効成分が、勃起を持続させるサポートしてくれるのですが、5mg程度で効く人もいれば20mgでちょうど良いという人もいます。さまざまな体質や体の状態に合わせるため、異なる含有量の製品があるのです。

錠剤以外の商品も

レビトラには錠剤以外の治療薬もあります。1袋ずつ分かれていて、封を開けた瞬間に食べられるゼリータイプの製品や、口臭ケアシートのように1枚ずつシートになった製品もあります。これらもれっきとしたレビトラの一種で、持ち運びが手軽にでき水なしで服用できる手軽さが魅力です。

手軽に服用できるメリットがある一方で、外国製の製品は含有量が多いことに注意が必要です。5mg程度で十分なのに間違って20mgの製品を購入してしまったというケースもあります。シートやゼリータイプの製品は体内への吸収効率が良いので、製品1個あたりのバルデナフィルの含有量は忘れずにチェックしておきましょう。

とはいえ、錠剤と違ってゼリーやシートタイプは即効性が期待できます。シチュエーションに応じて、錠剤と交代で使ったり、もしもの時のために即効性の高いものを携帯しておいても良いでしょう。

体質などにより摂取量は異なる

初心者の方や薬の副作用が出やすい方は、最初のうちはレビトラ5mgが良いでしょう。心臓や腎臓、脳卒中などの疾患を持っている方や可能性の高い方は、レビトラを飲む前に必ず医師の診断を受けるようにしてください。薬への抵抗力の弱い人も、最初のうちから10mgを飲むのは避け、刺激の少ない5mgがおすすめです。

レビトラ10mgで効かない場合は、20mgに替えることもできます。しかし効き目がしっかり出るぶん、依存性が高いため注意が必要です。時と場合に応じて異なる含有量の製品を使い分けるなどしても良いでしょう。

10mgで十分効果がある方は、さらに高い効果を求めて20mgの製品に替える必要はありません。10mgで十分体が元気になっているのであれば、20mgに変えても得られる効果はさほど変わらず、その代わり副作用が強く出るおそれがあります。含有量が多いからといって必ずしも高い効果が期待できるわけではないのです。

コストパフォーマンスを比較する

10mgと20mgでは価格が倍くらい変わってくると思いますよね?
実はさほど変わらなかったりするんです。ですので私もそうですが、20mgを購入してピルカッターを使用して、1/2や1/3にカットすることでコストが10mg購入時の半分になり、コストパフォーマンスを上げることができます。

また同じレビトラでも、純正品とジェネリック医薬品の違いもあります。長く服用し続ける場合、ジェネリック医薬品の方が1錠あたりの価格が安いので、総合的なコストを抑えることもできます。

 レビトラ ジェネリックのおすすめはこちら

ED治療薬ジェネリックのおすすめを厳選&レビュー!

【バイアグラ ジェネリック】カマグラの詳細
【レビトラ ジェネリック】バリフの詳細
【シアリス ジェネリック】タダシップの詳細

ED治療サプリをお探しの方はこちら

性器増大サプリおすすめレビュー!

メガマックスの詳細
VP-MAXの詳細
アンドロペニスの詳細

性器増大サプリをお探しの方はこちら